October 08, 2013

アジアオープン2013 メダル&アカデミー表彰盾

Asian2013_logo_image

10月26~27日(土日)東京武道館にて行われる「アジアオープン柔術選手権2013」のメダルとアカデミー表彰盾が届きました。

20131007_133949
アカデミー表彰盾 1位~3位まで贈呈されます

20131007_134142
NOVICE部門アカデミー表彰盾 1位~3位まで贈呈されます

20131007_134307
NOVICE部門メダル

20131007_134336
青帯以上の個人表彰メダル


アジアオープン2013のお申込み、お問い合わせは下記ページにて。

アジアオープン2013
http://www.jbjjf.com/tournament/2013/asian2013.html

  
Posted by jbjjf at 13:17大会情報 

October 07, 2013

「アジアオープン2013」直前選手インタビュー第一弾・泊憲史

3週間後に迫ったIBJJF主催「アジアオープン2013」。10月18日の締め切りを前にして、早くも世界各国から数多くの柔術家がエントリーしている。
JBJJFではその中から日本柔術家にスポットを当て、経歴、練習環境、アジアに懸ける思いをインタビュー形式で紹介していく。第一弾は日本の柔術界の功労者の一人であり、現在は九州連盟事務局長も務めるパラエストラ博多代表・泊憲史選手だ。
image
出場カテゴリーは黒帯マスター・ルースター級。

--まず泊選手のスポーツ歴を教えてください。
小学校、高校で水泳、大学ではサッカーに熱中していました。

--本格的に柔術にハマった理由を。
ブラジリアン柔術特有の技術の深さ、有名選手のファンタジックなムーブ、柔術ジムの楽しい雰囲気ですね。

--現在の練習環境、指導環境、などについて教えてください。
ほぼ毎日指導しています。練習も生徒の皆さんにつきあううちにほぼ毎日です。

 --今年も残り2ヶ月弱ですが、今年印象深かった柔術での出来事を教えてください。
やはりムンジアルでの佐々君の入賞になりますね。パラエストラの同門ですし、彼が勝った相手が、実は僕が二回負けている世界チャンピオン経験者のサミュエル・ブラガというのも感慨深いです。

--アジアオープンは、あなたにとってどんな大会でしょうか?
IBJJF主催ということもあり、大変ステイタスの高い大会だと思います。出場前の準備から気持ちの入り方が全然違います。

--過去アジアオープンに出場した時の戦績、思い出深い試合を教えてください。
二回出場して2006年に二位、2012年は三位でした。
2006年に対戦した本間祐輔選手(パラエストラ札幌)は本当に強かったです。彼が得意の逆転勝ちをされてしまいました。

--対外国人という試合で勝利するには、一体何が必要と思いますか?
 やはり経験だと思います。茶帯、黒帯で国内でもっともっと鎬を削り合っていくことが必要です。あとはフィジカルですね。ブラジルでは練習時から組手争いが激しかったです。
 
--自分の中で“ライバル”と思っている選手はいますか? その理由、どう戦いたいか、を教えてください。
 現在はいませんね。芝本幸司選手(トライフォース柔術アカデミー)ともう一回戦いたい…と以前は思ってましたが、もう無理ですね(笑)。

--九州連盟の発足の経緯を教えてください。
やはり“九州から世界へ!”という道筋を九州の皆さんにつけたかったからです。東京でさえ、九州人には凄く離れた印象があります。九州から全日本、そして世界柔術へ続く道を、僕ら九州連盟が支援していきたい。例えばランキング入りした選手にスポットライトが当たれば、その選手のモチベーションが上がったり、場合によってはスポンサーが付くこともある、と我々は考えてやっています。

--今年から始まった九州連盟ランキングですが、いかがでしょうか?
まだまだ発足間もないので、ランキング入りしている選手が非常に少ない状態です。地道にコツコツ、我々は出来ることをしっかりやるしかないと思っています。
 
--九州連盟の今後の展望を教えてください。
突飛な話かもしれませんが、いつの日か福岡国際を招致したいですね。その前にランキングや公式戦をもっと魅力あるものにしていきたいです。
image (1)

『アジアオープン2013』
日程:10月26日(土)、27日(日) 
会場:東京武道館・大武道場 

○住所/東京都足立区綾瀬3-20-1 
○交通アクセス/ 
JR山手線・京浜東北線「西日暮里」駅乗換え 
東京メトロ千代田線「綾瀬」駅東口下車 
徒歩5分(東綾瀬公園内をお通りください) 

申込期限:10月18日
会員登録、団体登録、JBJJFインターナショナルカード登録:10月11日〆切

http://www.jbjjf.com/tournament/2013/asian2013.html

以上、JBJJF広報部  
Posted by jbjjf at 22:12インタビュー 

参加者全員に大会記念Tシャツ贈呈【アジアオープン2013】


Asian2013_logo_image

Asian2013_officialShirt_JBJJFedit
10月26~27日(土日)東京武道館にて行われる「アジアオープン柔術選手権2013」にて、参加者全員に大会オリジナルTシャツが贈呈されます。

Asian2013_officialShirt_staff
またスタッフをされた方にはスタッフ限定Tシャツが贈呈されます。

 



  
Posted by jbjjf at 12:36大会情報 | スタッフ&レフェリー募集

October 03, 2013

アジアオープン2013ルール講習会

Asian2013_logo_image

アジアオープン柔術選手権大会が開催される前日の10月25日(金)トライフォース新宿にて、アジアオープンルール講習会が開催されます。

会場:トライフォース新宿

時間:10:00~13:00 昼休憩 14:00~17:00

料金: 6,000円(当日払い)

参加資格: どなたでも可

用意する物: 筆記用具、公式ルールブック 


申込受付:10月18日締切

講習会お申込みはこちら
http://www.jbjjf.com/formex3/seminer_registration.html

また大会にてレフェリー実技審査を受ける方、レフェリーをされる方はルール講習会が無料となります。

レフェリー実技審査のお申込みはこちら
http://www.jbjjf.com/formex5/registration.html


rule
昨年行われたルール講習会模様

JBJJF審判部
講習会では、実際のシュチエーションを詳しく解説していただいたり、
ポイントの細かの決め事や柔術のルールに対する概念、反則の見分け方など、普段講習会を行ってる私でも勉強になることが多く、会員さんたちにも非常に有意義だったのではないでしょうか?

現在のブラジリアン柔術はルールを知らなければ勝つことはおろか、
試合をすることすらおぼつきません。
そういう意味では今回のよう講習会に参加し、正しいルールをしっかり学ぶ機会があることはありがたいですね。

これから試合に参加される方は、機会があればぜひ参加していただき、
ルールに対する研鑽を深めていただきたいですね。

  
Posted by jbjjf at 15:58ルール講習会 

アジアオープン2013のプレスケジュール

Asian2013_logo_image


26日(土曜日) 
白帯の全てのカテゴリー 
紫帯アダルト 
茶帯マスター、シニア 
黒帯アダルト 

27日(日曜日) 
青帯ジュブナイル 
青帯アダルト、マスター、シニア 
紫帯マスター、シニア 
茶帯アダルト 
黒帯マスター、シニア
  
Posted by jbjjf at 11:09大会情報 

September 28, 2013

対世界を知れる『アジアオープン柔術選手権大会2013』、締め切りは10月18日!

お伝えしている通り、10月26、27日の2日間で行われる『アジアオープン柔術選手権大会2013』。
昨年は柔術界で旋風を巻き起こすミヤオ兄弟が茶帯部門に、黒帯でもJTトーレス、アブマー・バルボーザ、イザッキ・パイヴァなどワールドクラスの選手が多数参戦して大きな話題となった。
DSC_0150
今年のアジアオープンの申込期限は、10月18日までと約3週間後ではあるが、既に試合意識の高い国内外の柔術家多数エントリーしている。
その顔ぶれも国際オープントーナメントだけあり、アジア圏内の選手だけではなく、バルセロナ、パリなど国際色豊か。
さらに、あのハファエル・メンデスとギリェルミ・メンデスを筆頭に世界トップの柔術家を擁する「Atos Jiu-Jitsu」からも選手が参戦。

もちろん、先の全日本ブラジリアン柔術選手権を制した黒帯・茶帯勢も数多くエントリー中。ただ、未知なる強豪も多く全日本覇者と言えとも油断はできない。
例えば茶帯部門で階級&無差別の2冠達成の大塚博明選手(GRABAKA柔術クラブ)が名を連ねる茶帯フェザー級には、ピュアブレッド・グアムの選手。
ヨーロピアン王者・芝本幸司選手(トライフォース柔術アカデミー)の黒帯ルースター級にはヘンゾ・グレイシーインターナショナルの選手がエントリー中。
他にも国内でお馴染みのクレベル・コイケ(ブルテリア・ボンサイ)、ヨースキ・ストー(Impacto Japan B.J.J.)なども参戦。
 
05 (8)
06 (12)

他、白帯から黒帯まで、アダルトからシニアまで海外の選手が多い。まさに全世代、全帯の日本柔術家にとって国内の大会ながら“世界を知る“大チャンス”と言える。
対世界への腕試しに、まずはアジアオープンで。申込期限は10月18日まで。詳しいエントリー方法は以下。

・紫帯以下の競技者(ジュブナイルを除く)のエントリー方法
http://jbjjf.doorblog.jp/archives/52124398.html

・茶帯・黒帯・ジュブナイルの競技者のエントリー方法
http://jbjjf.doorblog.jp/archives/52124084.html

  
Posted by jbjjf at 20:31大会情報 

September 27, 2013

黒帯証明書の申請方法について

diploma

申請の不備が多い、黒帯証明書の指導者署名についての説明を、要項ページに追記しました。

黒帯証明書の申請書には、2013年よりIBJJFとJBJJFによって統合された、新しい証明書(二段以上)を持つ黒帯の指導者のみが署名する事が出来ます。


2013年より以前に段位を取得された方は、新書式による申請を行い、新しい証明書を取得して下さい。この場合は、救命講習とルール講習会の新たな修了証を提出する必要はございません。

申請料金には、更新区分を新たに設けました。新しい料金は初登録42,000円、更新15,750円となります。

宜しくお願い致します。 
  
Posted by jbjjf at 19:02お知らせ 

アジアオープン2013ポスター

Asian2013_logo_image

アジアオープン2013のポスターが完成しました。
ぜひアカデミーなどにお貼りください。

asia2013_poster2

※画像をクリックするとA4サイズポスター(PDF)となります。  
Posted by jbjjf at 16:31大会情報 

September 26, 2013

階級等の変更 アジア柔術オープン2013

Asian2013_logo_image

アジア柔術オープン2013では、参加申込後にマイページにて階級等の変更が、締切日まで自由に変更が可能となっております。

「体重がやばくてギリギリじゃないとわからない・・・」と言う方も、締切日まで変更が可能となっております。
ぜひマイページをご利用ください。  
Posted by jbjjf at 11:17大会情報