April 19, 2012

JBJJF会長・中井祐樹インタビュー[2012年4月] part.2

JBJJF会長・中井祐樹インタビュー[2012年4月] part.2

取材:JBJJF広報部

前回に引き続き、JBJJF会長、中井祐樹のインタビューの続きをお届けする。

00517
国際ブラジリアン柔術連盟が発行した広報誌「IBJJF MAG#1」。表紙は無差別級世界王者のホドウフォヴィエイラ


DSC_0079
「IBJJF MAG#1」を手に取る中井会長

ーー手元にIBJJFが発刊した広報誌「IBJJF MAG #1」があるのですが、JBJJFの活動についても報じられていますね。(※「IBJJF MAG 」。正式名称、INTERNATIONAL BRAZILAN JIU-JITSU FEDERATION MAGAZINE。IBJJFの2011年度年鑑、ルール、ベルトシステム、レジストレーションなどを扱った広報機関誌。2012年のヨーロッパ選手権で配布された
JBJJFはIBJJFの傘下組織でありパートナーです。この5年間の活動が、IBJJFにひとつ評価を頂けたのではないかという解釈と共に、恥ずかしくないよう運営せねばと身の引き締まる思いです。「IBJJF MAG 」の誌面では、各国連盟としては、ブラジル、ポルトガル、米国と並んで、日本が大きく掲載されることになりました。
我々は日本のブラジリアン柔術のため、そして競技者のために、IBJJFの戦略、ルールやレギュレーションに歩調を合わせることを重視しています。ちなみに去年、連盟の名称をBJJFJからJBJJFに変更したのですが、これは、IBJJF、USBJJF(アメリカ合衆国ブラジリアン柔術連盟)などと揃えることが望ましいと考えたからです。これは私の中で数年来ずっとあった構想でした。旧称のBJJFJも親しまれていたと思いますが、新しい時代、特に2010年代を迎えるにあたり、IBJJFの戦略、歩調に合わせるのは意味があることだと判断しました。この改称については、なぜか誰からも質問を受けないので、あえて自分から説明させていただきました(笑)。

ーーなるほど(笑)。改称にはそのような理由があったのですね。

00522
IBJJF MAGの誌面。各国の活動を「PARTNERS」として紹介。ブラジル(左)とポルトガル(右)

00518
アメリカ合衆国(左)と日本(右)

00520
「OTHER PARTNERS」として、オーストラリア、メキシコ、韓国、フィリピン、フランスが紹介されている


ーーそれでは次に、ブラジリアン柔術の国内での普及活動についてお聞かせください。
大きな礎は出来ましたが、まだまだ今後伸びる競技だと思っています。他の格闘技や競技と並列によりよい関係を築き、たくさんの方々にブラジリアン柔術に触れて戴くことが重要だと考えます。マニアックな寝技競技という印象は確かにありますが、私個人としては「寝技競技」という表現はずっとしていません。何故なら、ブラジリアン柔術は投げることもあり、絞め、関節技、自己防衛など様々な側面があるからです。全てが “柔術” です。
近年はIBJJFの戦略で、道衣なしのNO-GIも競技人口が世界的にも増えてますので、道衣同様に日本でも力を注いでいきます。レスリング・相撲・ラグビー出身の選手などはNO-GIの方が入りやすいと思うので、その層にもアピールしていきたい。
IBJJF会長のカーロス・グレイシーJr.氏が、“NO-GIも柔術である” と提唱されたとき、周囲の重鎮らからは「ギ(衣)もないのに柔術!?」との意見もあったらしいのですが、これは英断だったと思いますね。

ーー先日の全日本マスター&シニアは盛況でしたね。またキッズの競技人口も増えています。
キッズの全日本選手権も第1回大会は一つのカテゴリーで、一試合組めるか組めないかでした。しかし現在は参加者は200人を超えています。これも息子・娘にブラジリアン柔術を学ばせる親世代も出てきたことも大きいのかもしれません。親子でブラジリアン柔術を通じてコミュニケーションを取ったり、親の世代、マスター・シニア層も一競技者としてブラジリアン柔術を楽しんでもらいたい。またそれらを目の当たりにできるような運営をしていきたいですね。
 
(以降のインタビューは、part.3に続きます)  

Posted by jbjjf at 00:23│ インタビュー