April 24, 2012

第1回関東NO-GI選手権大会・試合レポートvol.2

第1回関東NO-GI選手権大会・試合レポートvol.2

取材:JBJJF広報部

「第1回関東NO-GI選手権大会」の注目カテゴリーを試合写真と共に振り返る。
第2弾はアダルトNO-GI茶/黒帯のオープンクラスだ。

hyousyou (43)
アダルトNO-GI茶/黒帯オープンクラス級表彰台。優勝・神田崇広(GRABAKA柔術クラブ)

ライト級と同じく植松の欠場により、茶/黒帯ミドル級に唯一エントリーしていた神田崇広(GRABAKA柔術クラブ)と西野大樹(パラエストラ東京)の連戦となった。
まず下からの責めを得意とする神田が試合早々に引き込み、下からキムラロックを狙い続けスイープ。上になった神田はそのままアームバーを狙い、再び下になったところで変化系のキムラを極めて一本を先取した。
約一時間後の決勝では引き込んだ神田が早々にスイープを決めると、すぐさまダースチョークでフィニッシュ! 二連続一本勝ちでの優勝となった。

<神田崇広・試合後コメント>
ーー優勝おめでとうございます。
ありがとうございます。西野選手はベースが硬いという評判は聞いていて、得意ポジションにさせぬよう先手先手で攻めたことが結果に繋がりました。

ーー結果として2試合連続一本勝ちと極めの強さをみせました。
最近はGRABAKAのプロ練習にもたまに出ているので自信が付いていたのは確かですが、まだまだ茶帯になりたてですし、もっと攻め手を増やせねばと思いました。

ーー植松選手は残念ながら欠場となりました。
植松選手とは……正直、欠場と聞いて安心しました。昨日は眠れないぐらいだったので(笑)。まぁ、植松選手のようなトップ選手に、僕のような半人前ではまだまだ敵わないでしょうけど。

アダルトNO-GI茶/黒帯オープンクラス 1回戦   (左が神田、右が西野) 
DSC_0234

DSC_0235

DSC_0238

DSC_0240

DSC_0241

DSC_0250

DSC_0264

DSC_0265

DSC_0270

DSC_0278

DSC_0280

DSC_0285

DSC_0290

DSC_0291

DSC_0293

DSC_0299
初戦は神田がキムラロックで一本勝ち。

アダルトNO-GI茶/黒帯オープンクラス決勝
DSC_0575

DSC_0582

DSC_0592

DSC_0593

DSC_0594

DSC_0596

DSC_0603

DSC_0605

DSC_0606

DSC_0608

DSC_0612

DSC_0614
神田がダースチョークで勝利。


Posted by jbjjf at 21:46│ 大会レポート