September 30, 2012

第1回全日本NO-GI選手権大会・試合レポートvol.2

「第1回全日本NO-GI選手権大会」の注目カテゴリーを試合写真と共に振り返る。
第2弾は体重差関係なく、日本一のNO-GI選手を決めるアダルトNO-GI茶/黒帯オープンクラスだ。このカテゴリーでは、現在JBJJFランキング2012でNO-GI茶/黒帯部門1位の神田崇広(GRABAKA柔術クラブ)が出場。優勝を決めて、世界行きのチケットを近づけることが出来るか?
DSC_0953
下からの回転系ガードを得意とする技巧派の神田(上)。

アダルトNO-GI茶/黒帯オープンクラス一回戦神田崇広(左・GRABAKA柔術クラブ)vs 新明佑介(右・トライフォース柔術アカデミー)
DSC_0908

DSC_0914

DSC_0931

DSC_0943

DSC_0954

DSC_0959

DSC_0980

DSC_1001

DSC_1013

DSC_1015

DSC_0002
JBJJFランキング1位の神田は、一回戦で派手な攻め、ジャンピングパスガードなどを駆使するスタイルから『鳥人』の異名を持つ新明佑介と対戦。試合開始早々に神田は引き込み、新明を飛ばさせぬよう三角を狙う。一方の新明は得意とするアンクルホールドや膝十字などの足関を狙ったが、後ろを向いた瞬間を狙われバックを許してしまう。そこから神田は腕十字の体勢に入り、苦悶の表情を浮かべる新明だが、どうにか腕を引きぬいてスタンドから再開。新明は上から担ぎパスを狙うが成功せず、神田は頭を潰して流れるような動きで腕十字へ。今度は新明タップ! 神田が決勝に駒を進めた。

アダルトNO-GI茶/黒帯オープンクラス決勝 西野大樹(パラエストラ東京) vs 神田崇広(左・GRABAKA柔術クラブ)
DSC_0437

DSC_0447

DSC_0458

DSC_0470

DSC_0475

DSC_0477

DSC_0484
神田、決勝は準決勝をバックチョーク一本勝ちして勢いに乗る西野大樹との一戦に。両者は今年春の「第1回関東NO-GI選手権大会」で対戦済みで、その時は神田がダースチョークで一本勝ちしている。リベンジを狙う西野は、神田が得意とする下にさせぬよう自ら引き込み、スイープを狙う。神田はそれを冷静に対処し、バックを奪い4P先制。逃れた西野が上になり、神田は下に。そして西野が一息ついた、その一瞬で神田が両肘を決めるダブルアームロック!  これには思わず声をあげてしまった西野。神田が2連続一本勝ちで、全日本の栄冠に輝いた。

【試合後、神田崇広インタビュー】
DSC_0492

--NO-GIの試合はいつぶりですか?
春先の第1回関東NO-GI選手権大会以来ですね。前回も今回も決勝は西野選手でした。
--決勝で決めた技は?
相手の両手を自分の肩にかけて、両肘を決めるダブルアームロック? いや、ダブルアームバーみたいな形です。練習では時々やりますね。
--今回全日本を獲った感想を。
正直な話、もっと参加人数が多ければな……と思いますが、全日本の初代王者になれたのは嬉しいです。黒帯がいなかったのは幸運でした。
--普段の練習量を教えてください。
週4,5回程度です。本当はGRABAKAのプロ練習にも出たいのですが、なかなか仕事が忙しく。
--今後の目標を教えて下さい。
茶帯なってから柔術の試合に出てたいので、まず柔術で一勝。あとは年内に総合にも一度挑戦したい。
--次の試合は「アジアオープン2012」ですか?
日程的に出られるのですが、大会前にちょっと所要があり自分を追い込めないので、今回は出ません。やはりアジア一を賭けた大会だから、相当準備しないと勝てないですからね。

Posted by jbjjf at 12:50│ 大会レポート