November 07, 2012

第6回関西選手権大会・大会レポート

2012年11月3日、大阪府豊中市柴原の柴原体育館柔道場にて「第6回関西選手権大会」が開催された。メインになった出場カテゴリーは白~紫までながら、特にマスター・シニア世代のエントリー数が激増。これは関西地方のマスター以降世代に、着実に“柔術”が浸透している証拠である。とは言え、まだまだアダルト世代には負けぬ現役バリバリの熱き好勝負が連発し、会場は大盛りあがりとなった。今回試合の一部、表彰台写真の一部をお届けする。
 CIMG2207
試合後、入賞者を集めた一枚。グレイシーバッハの文字が目立つ。 

団体優勝の栄冠は、グレイシーバッハJAPANに!
■団体ポイント 
優勝:グレイシーバッハJAPAN 61P
準優勝:パラエストラ和泉 48P
3位:グレイシーバッハ京都 12P
6e4a95f3
グレイシーバッハJAPANの集合写真。大人から子どもまで、その結束力は高い。

【大会後、グレイシーバッハJAPAN代表・滝川直央氏インタビュー】
--まず団体優勝おめでとうございます。率直な感想をお聞かせください。
有難うございます。連覇中ですので、途切れなくてホッとしています。
これも選手たちの頑張りのおかげです。
--今回は白帯選手が多かったのですが、試合に望む選手にどのようなアドバイスを送ったのでしょうか?
特に多くのアドバイスは送っていませんが、それぞれの選手に相手の特徴を僕なりに分析して簡潔に伝えた人もいます。
--滝川代表が心がけている指導方法、試合での助言などはございますでしょうか?
指導方法では自分の知識、技術は全て伝えますが、自分のコピーを作らない事です。相手の特徴に対する対処法を簡単に伝える事はありますが、主に試合での助言は精神面にフォーカスしています。
--今後のジムとしての展望を一つお願いします。
バッハの大きな展望に" Jiu-Jitsu for everyone ! "があります。その為に今後も変わらずバッハの発展に尽力します。そして、自分の道場はより充実させるよう前進あるのみです。有難うございました!

シニア1紫帯オープンクラス決勝 二宮智(左・グレイシーバッハ JAPAN) vs  作田繁和(右・ねわざワールド阪神支部)
CIMG2138
CIMG2141
CIMG2147
30秒ほどの組み手争いから、二宮がクローズドガードに引き込む。そこから二宮が手首固めを狙いアドバンテージ先制してからは、十字絞め狙いで制限時間まで足を解かず守りの戦いで優勝!

アダルト青帯オープンクラス決勝 Fernando Daikiri Fujiyama(左・グレイシーバッハ JAPAN) vs 本田憲次(右・グレイシーバッハ JAPAN)
CIMG2151
CIMG2155
CIMG2161
CIMG2164
決勝は共にグレイシーバッハJAPANの同門対決に。本田は立ち技に付き合わず素早く引きこむが、ウルトラヘビー級にエントリーし体格に勝るフェルナンドが上半身を潰してパスを狙う。そこにカウンターで本田は絞めを狙いアドバンテージを得るが、圧力に屈しサイドポジションを許してしまい、最後はアームバーで優勝を決めた。

シニア1青帯オープンクラス決勝 林康二郎(左・パラエストラ和泉) vs 酒井信司(右・OKA-JJ)
CIMG2167
CIMG2169
CIMG2172
柔道勝負から酒井が引き込み、そこから林が膝割りからパスしてサイド、相手の頭部に回りこみながらベースボールチョークを僅か一分足らずで優勝を決めた。

アダルト白帯オープンクラス決勝 伊集院剛史(右・グレイシーバッハ JAPAN) vs 長家大起(左・グレイシーバッハ JAPAN)
 CIMG2189
CIMG2197
CIMG2200
CIMG2203
9名エントリーのアダルト白帯オープンクラス。決勝はここでもグレイシーバッハ JAPANの同門対決に。共に柔道経験者とひと目でわかる組み手争いから、長家が引き込み下から腕十字! これが決まりかけるが、周りのアドバイス通りに冷静に腕を抜いた伊集院がそのままサイドポジション、すぐさまアームロックで逆転勝利。会場から自然と拍手が沸き起こった。

アダルトNO-GI青/紫帯フェザー級決勝 野尻篤史(SPOK) vs 石田浩(頂柔術)
CIMG2175
CIMG2181
CIMG2183
CIMG2186
同時開催された「第1回関西NO-GI選手権大会」では、東京日暮里の頂柔術所属・石田浩が登場。シニア世代ながら日本全国の大会に単身乗り込み“鉄人”とも呼ばれる同選手が、この日も老獪に引き込みから試合をコントロールし続け、最後は相手が膝割りを狙った瞬間を合わせて腕十字でフィニッシュ。遠征試合でも優勝を飾った。

【表彰台写真】(一部)
CIMG2208
アダルト白帯オープンクラス
優勝:伊集院剛史(グレイシーバッハ JAPAN)
準優勝:長家大起(グレイシーバッハ JAPAN)
3位:松山愉史(グレイシーバッハ JAPAN)
3位:平井貴士(新倉敷柔術クラブ)

CIMG2210
アダルト青帯オープンクラス
優勝:Fernando Daikiri Fujiyama(グレイシーバッハ JAPAN)
準優勝:本田憲次(グレイシーバッハ JAPAN)

CIMG2212
マスター白帯オープンクラス
優勝:有馬秀典(グレイシーバッハ JAPAN)

CIMG2215
シニア1青帯オープンクラス
優勝:林康二郎(パラエストラ和泉)
準優勝:酒井信司(OKA-JJ)

CIMG2217
シニア1紫帯オープンクラス
優勝:二宮智(グレイシーバッハ JAPAN)

CIMG2218
アダルトNO-GI青/紫帯フェザー級
優勝:石田浩(頂柔術)

以上 

Posted by jbjjf at 12:00│ 大会レポート