May 23, 2013

【本日1次締切】第6回九州オープントーナメント&九州BJJリーグ後藤富一氏インタビュー

6月9日(日)熊本市総合体育館で行われる『第6回九州オープントーナメント』の”早期割引”が適用される一次締め切りが本日23日と迫っています。
本日5月23日迄にクレジットカード決済で申込みした場合、JBJJF会員は3000円、一般(白帯のみ)は4000円に。5月24日以降の申込みは1000円アップになるため、お早めの申し込みをお薦めします。
詳しいエントリー方法は日本ブラジリアン柔術公式ホームページ大会情報をご覧下さい。


また、本大会は2013年より日本ブラジリアン柔術連盟・九州地区により開始されたランキング制度『九州BJJリーグ』のポイント対象大会です。今回、『九州BJJリーグ』の概要など説明するために、発起人の一人であるパラエストラ北九州代表後藤富一氏にインタビューを行いました。
KIMG2113
パラエストラ北九州代表後藤富一氏。九州から柔術世界王者誕生を目指す。


【日本ブラジリアン柔術連盟九州事務局、パラエストラ北九州代表後藤富一氏インタビュー】
--まず『九州BJJリーグ』開設の理由を教えてください。
地方在住の選手にとって、国内、海外の大きな大会の”遠征費の捻出”はずっと大きな問題でした。それでもJBJJF九州事務局としてパラエストラ博多の泊代表を中心に地道な活動を続けた結果、九州でも最近は”世界を視野”に入れた選手が出てきたので、我々が微力ながらも少しでも背中を後押しできればと……という思いで開設いたしました。対世界の前に、やはりJBJJFの全日本選手権がありますから、まずは九州→全日本と通ずる道を作り、ランキングの競い合いから生まれる相乗効果を期待します。九州全体のレベルアップ。これが一番の目的ですね。

--九州BJJリーグの優勝者には、どういった副賞が与えられるのでしょうか?
年間を通し、紫帯・茶帯・黒帯の各ランキング一位、計三名に、全日本選手権または全日本マスター&シニア選手権の往復航空券を贈呈致します。

--現在の九州BJJリーグの状況を教えてください。
3月の『NEWAZA WORLD大会』では石牟禮 仁選手(ねわざワールド桜島)と谷川 雅春選手(パラエストラ北九州)がポイントをゲットしました。石牟禮選手は既に6月9日(日)熊本市総合体育館で行われる『第6回九州オープントーナメント』にエントリー済みで、それにJBJJFランキング2013紫帯ランキング現在1位の西本健治選手(パラエストラ北九州)がどう絡んでいくのか注目しています。まだリーグが始まったばかりで、ランキングに乗っている選手は少ない状況です。逆に言えば、九州在住の紫~黒帯の柔術家全員に、往復航空券を獲得できるチャンスがあると言えます。

--改めて、九州BJJリーグの今後の展望などを教えてください。
九州ではまだ茶帯・黒帯の選手がまだ少ないため、まだ各大会、比較的同じ組み合わせになりがちです。この九州BJJリーグを通して九州全体の柔術家がレベルアップし、来年以降、若い選手、ベテラン含めたさらに混在した世界が見れるのではないでしょうか。そのために我々はリーグ自体の認知度を高め、競技としての柔術に対し日々鍛錬を重ねている選手を少しでもバックアップできればと考えております。

以上、JBJJF広報部
 

Posted by jbjjf at 14:43│ インタビュー | 大会情報