August 06, 2013

第14回全日本ブラジリアン柔術選手権大会・レポートvol.6

『第14回全日本ブラジリアン柔術選手権大会』レポート、第6弾はチャールズ・ガスパー選手(IMPACTO JAPAN B.J.J)、中村勇太選手(T-REX JIU-JITSU ACADEMY)ら昨年度“茶帯部門”の全日本覇者が参戦したアダルト黒帯ミディアムヘビー級だ。普段は-70kgのフェザー級を主戦場とするチャールズ・ガスパー選手が、重量級相手に通じるかが注目された。
kuro (136)

アダルト黒帯ミディアムヘビー級準決勝第一試合・中村勇太(T-REX柔術アカデミー)vs上村彰(パラエストラ)
kuro (31)
kuro (32)
kuro (33)
重量級ながら回転体の動きをする中村選手が引き込み、上村選手がパスガードを狙う展開が続く。終盤まで中村選手がコントロールし続け、決勝に駒を進めた。

アダルト黒帯ミディアムヘビー級準決勝第二試合・チャールズ・ガスパー(IMPACTO JAPAN B.J.J)vs光岡祥之(藤田柔術)
kuro (39)
kuro (45)
kuro (47)
引き込んだチャールズ選手に対し、体格で勝る光岡選手が序盤から怒涛のパスガードを仕掛けアドバンテージを得ていく。
しかし、開始2分過ぎにチャールズ選手がスイープに成功してからは独壇場に。サイド、マウントを奪いポイント量産。結果、13-0(アドンテージ2-1)で勝利。

アダルト黒帯ミディアムヘビー級決勝・チャールズ・ガスパー(IMPACTO JAPAN B.J.J)vs中村勇太(T-REX柔術アカデミー)
kuro (129)
kuro (133)
kuro (142)
kuro (139)
昨年度の茶帯部門優勝者同士が、黒帯部門決勝で相まみえる事に。トップが中村選手、ボトムがチャールズ選手の状態で試合は始まる。
チャールズ選手が下からスイープを狙い様々な仕掛けをみせるが、中村選手も意地で決めさせず。両者立ち上がり、足を捕らえた中村選手のテイクダウンは寸でのところで場外に。
そして中盤過ぎの6分、上になったチャールズ選手がサイドを奪い腕十字。これは中村選手は逃れるも、流れで下になったチャールズ選手が再度腕十字!! 
これが決まって一本勝利。体格差を物ともせず、チャールズ選手が技術の高さをみせて昨年に続き、黒帯でも全日本選手権を制した。

以上、広報部。 
他、表彰台
や試合写真はJBJJF Facebookページにて公開中。 


Posted by jbjjf at 11:41│ 大会レポート