October 23, 2013

「アジアオープン2013」直前選手インタビュー第六弾・西本健治

三日後に迫ったIBJJF主催『アジアオープン2013』。黒、茶帯の強豪選手が日本、アジアだけではなく世界各国から参戦するが、紫帯でも見逃せない選手が多数エントリーしている。中でも注目するのは、JBJJFの紫帯ランキング1位西本健治選手(パラエストラ北九州所属)だ。北九州所属ながら、都内開催の大会には毎月のように参戦し、しっかり結果を残している選手。重量級選手として、アジアでも海外勢にどう対抗できるか、注目だ。そんな西本選手のアジアに広報部ではインタビューを行った。
913247_351270518342007_1397791620_n
--まずは西本選手のスポーツ歴、柔術歴を教えてください。
西本 スポーツ歴は柔術以前は柔道をしていましたが、私が練習していた柔道場に柔術家が現れて、ボコボコにされて興味を持ち、始めました。もう柔術歴は10年になります。

--現在の練習環境を教えてください。
西本 本当に恵まれた練習環境で、お世話になっているパラエストラ北九州は重量級が多く、週6ペースで練習できています。

--今年も残り2ヶ月弱ですが、今年印象深かった柔術での出来事を教えてください。
西本 つい先日の『全日本ブラジリアン柔術選手権』で、無差別級の試合で勝ち進んでいたのに飛行機時間の為に途中棄権したことでしょうか。試合では東日本選手権で二階級とれた事です。理由はカッコ悪くてもいいから勝ちたい!との思いで挑んだ結果だからです。

--アジアオープンは、あなたにとってどんな大会でしょうか?
西本 アジアオープンは世界柔術に出る前のステップでとても勝ちたい大会です。

--過去アジアオープンでの思い出深い試合を教えてください。
西本 2008年青帯三回戦敗退。2012年紫帯オープン2回戦敗退。思いで深いのは後一回勝てばミヤオ選手と戦えていたチャンスがあったこと。

--自分の中で“ライバル”と思っている選手はいますか?
 
西本 ライバルは…パラエストラ北九州の中村雄太君です。ただ同門ですからやりたくはありません。試合をしてみたい選手はいっぱいいます。今回のアジアでは嶋田裕太選手と試合してみたいです。

--東京遠征の多い西本選手ですが、何故東京まで遠征するのでしょうか?
やはり東京は九州より柔術が進んでいます。試合もたくさんありますし、知らない人と戦うのはとても緊張感があって楽しいし、強くなりたいからです。
1371613_351271381675254_1506349208_n
『アジアオープン2013』
日程:10月26日(土)、27日(日) 
会場:東京武道館・大武道場 

○住所/東京都足立区綾瀬3-20-1 
○交通アクセス/ 
JR山手線・京浜東北線「西日暮里」駅乗換え 
東京メトロ千代田線「綾瀬」駅東口下車 
徒歩5分(東綾瀬公園内をお通りください) 



Posted by jbjjf at 22:20│